カテゴリー別アーカイブ: 未分類

家族と初のハウステンボスへ

私は数年前に家族と初めて長崎へ旅行に行き、ハウステンボスへ行きました。行ったのはツアーで行きました。
→ http://www.xn--gckvba5c0bze1h.net/
私たち一家は大阪から飛行機でハウステンボスへ向かいました。今回は私が特にハウステンボスで思い出に残っている出来事を紹介したいと思います。まずは、私はアクセサリー類が大好きなのですが、ハウステンボス内のとあるお店でビーズのような小さい部品を組み合わせてオリジナルのネックレスなどのアクセサリーが作れるお店がありました。私はそこで世界で1つだけのネックレスを母と一緒に作成し、とんぼ玉のような綺麗な仕上がりのネックレスを持ち帰りました。そして次に私が記憶に残っているのは、イルミネーションです。私たちは夏に行ったのですが、入場から退場まで合計3つぐらいのプロジェクトマッピングを見た記憶があります。どれもとても綺麗で非常に楽しかったです。

そしてここからが私が本当に紹介したいハウステンボスの思い出です。私はホラー全般が大好きなのですが、私たち一家が夏にハウステンボスに行った際に、ホラー専門のエリアがありました。そこではゾンビ関連のアトラクションや廃病院を巡るツアーみたいなものや、足下も見えないほどの真っ暗な道を進んでいくアトラクションなど、小学生レベルから参加出来るものからR15のアトラクションまで様々なホラーがそろっていました。私はホラーが大好きなのでそのエリアの全てを制覇しました。自らで進むお化け形式のような廃病院巡りは非常に怖くてハラハラしました。他にも、視覚や聴覚に恐怖を与えるため、ヘッドホンをつけて恐怖を体感するアトラクションなど、非常に楽しめるエリアでした。そして、アトラクションだけでなく、そのホラーエリアではトイレの中までもこだわっており、ホラーエリアでトイレに行きたくなってトイレに入ると、不気味な人形や人形の生首がトイレの個室に設置していたりなど、トイレの中までもが完全に1つのアトラクションとして成立していました。私はトイレも含めそのエリアを全て制覇しましたが、ハウステンボスへは、もう一度行きたいと思えるほどのクオリティでした。

鳥取の温泉

鳥取の温泉で有名ところでは、まず皆生温泉があります。皆生温泉は自然豊な場所にあります。海も近いのですが、有名な大山を背景に広がる場所にあります。
大山は、4月くらいまで雪を残り、秋の紅葉の季節はまさに絶景が楽しめます。皆生温泉は、日本のなぎさ百選にも選ばれた総延長17キロメートルの弓ヶ浜沿いに旅館が建ち並んでいます。海と山に囲まれた風光明媚な温泉地なんです。さらに、近くには日本一の蟹の水揚げ量を誇る境港市があります。
鳥取でカニと温泉】を楽しめる場所ですよ。とくに冬の松葉ガニなど、最高ですよね。おいしいカニを楽しみ、温泉でくつろぐなんて、病みつきになりそうです。ちなみに、皆生温泉の自慢は、その湯量でしょう。源泉19本、毎分3800リットルと湧出量!!しかも、85度と高い温度なので水で冷ますこともあるといいます。でも、温泉宿のほとんどが源泉かけ流しなのはうれしいですよね。海水が混じった塩化物泉で、塩の湯とも呼ばれていますよ。効果としては、保温にいいそうで、なめるとわずかに塩辛いです。
 次に、三朝温泉です。三朝温泉の特長は、古き良き田舎風景と世界でも有数のラドン泉です。周辺を中国山地に囲まれているので、雰囲気もひっそりと佇むような静かな温泉地です。三朝橋のたもとには、町のシンボルとして有名な「河原風呂」があり、世界有数のラドン泉が湧き出るんです。
もう一つ、岩井温泉ですが、ここでは湯を叩き頭にかけて、歌う「湯かむり唄」が今も残る古くからの温泉地です。穏やかで素朴な風情が楽しめます。季節が冬なら、湯上りの松葉ガニも楽しみの一つですよ。網代、田後両港の水揚げ量が鳥取県の7割を占めるという、松葉ガニの本場中の本場なんです。
鳥取の温泉に行くのなら、絶対にかにの季節がいいんですよね。かに料理と温泉が同時に味わえますから。かにに目がない人は、冬の鳥取でかにを楽しむのがいちばんでしょう。残念ながら鳥取の温泉地がそれほど知られていないですが、一度いけば、鳥取の温泉のファンになると思います。

冬の沖縄

沖縄といえば夏っていうイメージですが、冬もいいです。
私達が、いったのは、沖縄美ら海水族館です。夏場は大変混雑していますけど、冬は比較的空いていました!!なので、落着いてゆったりと見て回れましたよ。メインの黒潮の海。なんせ、世界最大級の大きな水槽ですから。

中でもジンベエザメやナンヨウマンタがよかったです。ジンベエザメの餌付けも見ちゃいました。すごい迫力でしたよ。大きな口を開けてエサを食べる立ち姿がド迫力!!

あと、首里城も行ってきました。
世界遺産ですしね。首里城は、琉球独特の時代性を感じられますよ。とくに王朝の栄華というか、、そういうものをです。あと、琉球舞踊も鑑賞することができましたし、よかったです。

沖縄の12月は、平均気温が19度ですから、ちょうどいい暖かさだと思います。
なので、冬の時期の沖縄は、案外穴場かなって思いますよ。

冬の釧路

冬の北海道が好きでときどき遊びに行きます。

冬の北海道は、雪に覆われるので、嫌がる人もいるけど、雪があるから好きなんです。で、今年の冬は、釧路に行ってこようと思います。

釧路といえば釧路湿原ですよね。冬の釧路湿原では、氷上ウォークや雪が多ければ、スノーシューなんかも体験できるんです。あと、やっぱり丹頂鶴ですよね。朝もやの中に見える丹頂の群れっていいかもッて思います。

ほかにも太平洋シーサイドラインをドライブっていうのもやってみたいです。このあたりって、奇岩や絶壁なんかができているので、見ているだけも楽しめそう。とくに、太平洋シーサイドラインでも、釧路町から浜中町付近は、岬と花の霧街道って言われているだそうです。

冬場なので、どんなふうな景観になるのかなっていうのもたのしみです。

 

ちなみに、釧路では雪道がこわいけど、レンタカーを借りる予定で、すでにネット予約しています。釧路空港からでスタッドレスタイヤははじめてだけど、慎重に運転しなくちゃね。
釧路空港 レンタカー 安い

福井旅行

この時期、日本海側への旅行は、かに料理が楽しめることが一番大きいですよね。

旅行の予約サイトでもかに料理が食べられる宿の特集があったりしますから。。。

福井といえば越前かにですから、福井にいってきたんです。東尋坊にもいきました。見ていて吸い込まれそうになったけど。。。

で、福井では三国に宿泊して、越前カニを思う存分満喫してきました。温泉も楽しめたので、最高でしたよ。

身がつまった越前かには本当においしかった☆